現役学生・OB交流会開催報告

2017年12月12日(火)、ときわ町の焼き肉店にて、現役学生との交流会を開催しました。機械36期卒の小池理事が蒼冥寮寮長と連携し、学生13名(専攻科2年が2名、5年生が10名、4年生(寮長)が1名)、OB5名(トヨタ北海道2名、I・TECソリューションズ1名、市役所2名)の計18名が、ノンアルコールで焼肉を食す交流会を楽しみました。(ノンアルコールで焼き肉を食べたのは、おそらく20年ぶりぐらいです。)

 

本交流会の目的は、学生(同窓生)が、卒業とともに本校とのつながりがなくなると同時に同窓会とのつながりがなくなってしまわないよう、現役時代から同窓会との距離を縮め、卒業後は興味を持って同窓会行事に参加していただけるようにと始めました。

 

当日は、初めに同窓会の趣旨や、各種イベント、来年予定している同窓会50周年行事などの案内の後、SNS(LINE)への登録に協力してもらいました。

 

その後、おいしい焼肉を食べながら、蒼冥寮の昔と今で大いに盛り上がりました(同席した学生とは学科が違ったため、共通の話題が少なかったので、今後の課題です)。現役寮長に、新しいイベントとして、「1泊2日の寮生活」を企画するよう指示しましたので、楽しみです。今の蒼冥寮は、20年前とは、あらゆる部分で変化したそうですので、実現する日を心待ちにしています!

 

現役学生が同窓会とつながる唯一のイベントとなっている本交流会は、今後の同窓会活動にとって大変重要であると考えております。参加されました皆様、大変お疲れ様でした。

 

文責 土木工学科26期 吉本真也

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)