片山晋次先生叙勲受章記念祝賀会

平成23年秋の叙勲で、瑞宝小綬章受章の栄に浴されました本校名誉教授片山晋次先生の受章記念祝賀会が12月11日(日)にグランドホテルニュー王子で片山先生ご夫妻をお招きして開催されました。 先生は昭和43年4月に本校にご着任され、以来、平成8年3月に定年退官されるまで約30年間、本校の体育教官として本校の発展のためにご尽力され、その間、寮務主事、学生主事などを歴任されました。先生には普段の授業ばかりでなく、春と冬の体育大会、遠足、樽前登山、マラソン大会、全道高専体育大会など様々な行事で、すべての同窓生が大変お世話になってきました。 祝賀会には、物理の鈴木先生、国語の森山先生、英語の上野先生、機械の大島先生、物質の川村先生など懐かしい先生方をはじめ、片山先生に担任をしていただいた土木4期生、工化12期生、顧問としてご指導いただいたバレーボール部、ホッケー部のOBなど、関東からの出席者も含めて総勢77名が出席しました。 祝賀会では、秋山校長、吉田会長の祝辞、上野先生、井上さん(土木4期、バレー部OB)、織田さん(機械6期、ホッケー部OB)のテーブルスピーチなどが行われ、校歌斉唱では応援団OBの林さん(土木4期)と山崎さん(土木5期)が壇上でエールを切るなど、終始大変にぎやかで楽しい会となりました。最後に、下タ村寮務主事(土木13期)の音頭で、片山先生の今後の益々のご発展とご健康を祈念して万歳を三唱し、お開きとなりました。