2009.11.14
『樽前会』関東支部設立総会&記念祝賀会



去る、2009年11月14日(土)東京銀座に於いて国立苫小牧工業高等専門学校同窓会『樽前会』関東支部の設立総会並びに記念祝賀会が、関東地区の同窓生、ご来賓合わせて140名の参加をもちまして、盛大に催されました。

ご来賓は苫小牧高専校長秋山俊彦氏をはじめ樽前会本部役員、西日本支部長、札幌支部長、応援団代表と大勢の方にお越しいただきました。遠路はるばるまたお忙しい中まことにありがとうございました。

 設立総会は関東支部準備委員会リーダー内藤隆氏(M1)からの設立経過報告の後、会則・役員の提案があり、満場一致で決議されました。その後、役員の紹介・挨拶があり、関東支部活動計画について副支部長下村達哉氏(D1)から報告があり、承認されました。次に樽前会本部会長の吉田誠一氏(M1)からお祝いの言葉をいただき、無事設立総会は閉会いたしました。ご参加の皆さんありがとうございました。

 続いて、副支部長勝岡宣夫氏(M1)による乾杯の発声で記念祝賀会がはじまり、本部理事の住岡弘氏(M9)から本部活動報告があり、西日本支部長中村洋幸氏(C2)、札幌支部長巽吉永(E1)からの御挨拶がございました。

続いて著作家としてご活躍の内山安雄氏(C4)からスピーチと著作のご紹介があり、購入者にはサインをしていただきました。

 アトラクションとして、応援団代表の曳地竜太氏(C28)による高専大会応援合戦の披露と、応援歌ならびに全員による苫小牧高専校歌の大合唱で祝賀会も最高の盛り上がりになりました。そして最後は、副支部長高田保夫氏(E6)の締めの言葉でお開きとなりました。ご参加の皆様最後まで本当にありがとうございました。


※以下、祝賀会のスナップ写真と参加の皆様からコメントをいただきましたので掲載させていただきます。


【樽前会会長 機械1期:吉田 誠一氏】
樽前会関東支部設立総会ご苦労様でした。
設立準備委員の皆さんのご努力のお陰と、忙しい中駆け付けて頂いた各支部長と秋山校長先生を迎え盛大に開催できた来た事を大変うれしく思います。
総会でお話ししたように本部、関西、札幌に次いで、とうとう関東支部が出来樽前会の活動にも大いに幅が出来てきました。
私も卒業以来40年ぶりの友人と再会する事が出来たいへん懐かしい思いでした。
この様な旧交を大切にする場として、大いに役立ってくれればと思っています。
また今回の総会では皆さんの若き時代を思い出していただこうと、卒業以来の伝統の応援団エールを苫小牧から準備をしました。
やはり同窓会の最後のメーンイベントはこれですね!!
曳地応援団長のエールも益々磨が掛り最高潮でした。
今後は同窓生の社交の場として、また本部と各支部がより緊密な活動が出来る事を祈念しまして お礼の言葉といたします。
【機械1期:宇高 正氏】
本当に皆さんお疲れ様でした。
私も無事終了でホットしている所ですが、式典運営には反省点もあります。今後に生かして行きたいと思います。
何よりも今後も活発な活動を継続して行くことが、一番大切なことと考えます。
役員の皆さん、協力して樽前会関東支部を発展させましょう。
【樽前会関東支部長 工科1期:榎本博道氏】
11月14日に樽前会関東支部設立総会を無事にたちあげることができました。
ここまで至りましたのは、M-1内藤氏が1年前に関東支部設立PJリーダーとして、毎月1回赤羽会館にてミーティングを重ね、初回から会を重ねるごとに役員として参加された後輩諸氏が、1人2人と増え20数人で総会開催となりました。
参加者は150人ほどを数え、予定しました2時間30分の総会・祝賀会も瞬時に終えた感が致しました。
これからは、苫小牧高専OB・OGの心のよりどころの1つに「樽前会関東支部」があるように、もっと多くの方々に支部の存在をアピールし、総会で再会のよろこびを分かち合えたらと思います。


【土木18期:上田 保氏】
14日はお疲れ様でした。
これからの関東支部の活動に力を入れて、この会が大きくなるようにして行きたいと思います。
これからも、よろしくお願い致します。
【機械1期:窪田英男氏】
準備に携わった皆々様 本当にご苦労様でした。色々ありましたが 確実に船は出港しました。
しか・・・・し ここからが肝心です。初代榎本支部長を中心に関東支部が末永く継続されるよう皆で協力し築き上げましょう。

【工化9期:朝野英一氏】
先日の樽前会関東支部設立総会ではお世話になりました。多くの準備お疲れ様でした。
おかげさまで盛会、大変楽しく充実した時間でした。苫小牧高専卒業生の意気を改めて感じました。
現役の秋山校長が出席されたことは力の入りようが伝わってきて、大変嬉しく思いました。
卒業生全体の支部が関東地区にできて心強いものを感じると共に、毎年卒業生を送り出す学校の存在というものを改めて考えています。
卒業生の熱気に満ちた集まりだったと思います。当日、簡単な出席者名簿があると人を捜したりする時に助かるなと思いました。工化9期は関東地区に10名弱がいます。時々集まって楽しく過ごしています。今回は2名の参加でしたが、あと4名とは本会出席の連絡を取っていたのですが、仕事の都合で参加できませんでした。次の機会には大勢で押しかけます。
この度はどうもありがとうございました。関東支部の益々の発展を祈りつつ。失礼します。

【工科24期:鈴木 香氏】
皆様、先日は大変お疲れ様でした。参加された皆様も喜んでいたようで、何よりです。
改めて、苫小牧高専OBの団結力の強さを感じました。立ち上げる為に中心になって引っ張ってくれた1期生の皆様、そして事務局として運営を円滑にまとめて下さった斎藤様平川様、メンバーの皆様、本当にありがとうございました。
来年度からまた活発な「樽前会」になっていきますよう、がんばっていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。
【機械7期:桃井輝彦氏】
今回は大盛況でしたが、幹事の方達には大変な労力がかかったと思います。お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
若い頃、一緒に勉強?して、遊んで、その時を共有した仲間というのは、幾つになっても良いもんですね。
本当に楽しいひとときを過ごせました。
今回不参加だった同期のM君に早速知らせてやりましたが、不参加の理由は、なんとなく気後れたんだそうです。そういう連中は結構多いのではないでしょうか。
HPで今回のことを知れば、次回は参加者倍増ですよ、きっとね。次回も楽しみにしています。

【電気1期:椎名時夫氏】
お疲れ様でした。卒業以来40年ぶりの同窓生に会い、大変楽しい一時を過ごすことが出来ました。今後共、宜しくお願い致します。
【電気27期:石原亙氏】
みなさま、お疲れ様でした。良い経験をさせて頂きました。はじまりであってこれからだとはいえ、良い節目に立ち会う機会を与えて頂いたことを深く感謝します。
また、これからも宜しくお願い致します。

【情報11期:福原 正泰氏】
先日はお疲れ様でした。
今回の樽前会では名簿上自分が最年少のうえ同期もいなかったので、多少持て余してしまいましたが、次回以降も極力参加しようと思っています。
【電気27期:石原亙氏】
みなさま、お疲れ様でした。良い経験をさせて頂きました。
はじまりであってこれからだとはいえ、良い節目に立ち会う機会を与えて頂いたことを深く感謝します。
また、これからも宜しくお願い致します。


【工化9期:岡田良子氏(旧姓:松村)】
『先日は楽しいひと時を、ご一緒させて頂き、ありがとうございました。
30年前にタイムスリップし、学生時代の様々な場面を、楽しく思い出しました。』
【電気8期:高石和生】※関東支部理事(ホームページ担当)
皆様、お疲れ様でした。今回ホームページへの掲載が遅れましたこと深くお詫び申し上げます。
準備委員会に参加しての私なりの反省点ですが、学科単位の集合写真を撮れば良かったことと、皆さんの想いをインタビューの形で記録し、ご紹介できればと思いました。次回考慮いたしますので、ご要望等遠慮なくお知らせ下さい。
宜しくお願いいたします。k_t19901225@access-net.co.jp